« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月 7日 (火)

デブデブ・・・

20061107

一月ぶりですコンバンワ^^

いまだにPSUを続けて遊んでいる私ですが
ヒキコモリ時間が多くなったせいか
ちょっと太ってきたみたいです・・・Orz

そんなわけでダイエット作戦開始!
朝、昼はゴハンをしっかり食べて
夜は食べない生活を続けてたらいい感じに
やせてきましたw

ダイエットに苦しむ方がいましたら
これマジオススメですよ!

| コメント (5)

2006年11月14日 (火)

もしかしてアノ人ですか?

20061115_1

まさかPSU内でサイトファンの方と
偶然めぐり合うとは思いませんでした^^;

ただ問題なのが、なぜか全員
水着を着ていたこと

裸族は引かれ合う…
噂は本当だったんだ!

*めぐり合えた皆様に感謝^^
今度一緒に冒険いきましょーw

おまけの写真集

レアエネミーといっしょ

20061115a


風呂場にて・・

20061115b


PSUはどこに向かうのやら・・

| コメント (6)

2006年11月24日 (金)

狩猟生活必需品

「モンスターハンター」に登場する

武器をフィギュア化したアイテム

狩猟道具収集生活

が、発売しているとの噂を聞きつけ
光の速さで大人買いしてみました。


20061120a

どっこい

20061120b

しょっと!


大きさがぴったりすぎて

笑ってしまいますがw
かなり良好です!!ハンマー素敵!

20061120c

封龍剣!ジャキーン!

片手剣最高!惚れる!

20061120d

そして…大剣

20061120e

重すぎて持ちきれません^^;


再販があるかどーか、わからないので

皆さんももし見かけたら

ぜひ抑えておきましょう!

| コメント (1)

2006年11月28日 (火)

PSUへの要望!

20061122

現在PSUを楽しくプレイされている皆さんには
申し訳ないのですが、私はPSUに対して
「不満&不安」を持っています。

良いところもモチロン沢山あるんですが!
それを完全に生かし切れていないのが
本当に悲しくなります(自分だけ?)


そんなわけで今回は!
「どーすればPSUは楽しくなるか?」
を提案していこうと思いまーす^^

まずはコレ

1・武器基盤を大量放出

レア基盤でもなんでもいいので
専用グラフィック付きの基盤を!

これだけで面白さはかなり変わるはず!
「あの武器が欲しいから素材あつめにいこう!」とか
「この武器グラフィックにあう服を着よう!」とか
冒険のモチベーションにもつながります!

合成するにしても選択肢が増える分
「○○武器専門店!」など
マイショップにも個性が出せ、
面白みも大幅アップ!

法外な素材数やデタラメな高価素材でも
まったく構わないので!!!!
(そのぶんレアの価値が出る)
出し惜しみせずに開放して欲しいものです。


2・マイルームレイアウトの変更

自分だけの一軒屋システムは最高に
しびれますが、ただのグラフィック変更だけで
形状がまったく変わらない!
というのはいただけません!

モトゥブにあるような酒場のようなレイアウト、
もしくは置けるスペースを拡大して
プレイヤーが座れるような椅子の追加
テーブルor家具、さらに温泉(ジャグジー?)
畑やコルトバの飼育なども出来れば
楽しさ無限大!(やりすぎかなw)
みんなが集まって雑談できるような
オリジナル部屋があるといいですね^^


3・合成失敗への対処

合成には失敗はつき物!
成功率を上げる必要は無いと思いますが
せめて高価な素材を使った合成に

失敗しました「モノメイト」

・・・これはあまりにも悲しすぎるので
せめてワンランク下の武器もしくは
使った素材に見合ったレアアイテム
などが出来れば、また違った面白みも
出るんじゃないでしょうか。



4・ゴミアイテムの解消

合成素材としてたくさんアイテムがあるのは
良いのですが、まったく使わない素材が
あるのは問題です(食料関係)

食事システムに利点があればいいのですが
今現在まったく食事に意味がないので
ゴミ以外なにものでもないです

そこで!食事にメリットを出す方向も
良いのですが、食素材以外にも
ゴミ素材があるのでそれらをまとめて
一気に解消する方法!

「基盤/ランダム合成」
説明:どんな素材でも10個入れれば
何か素敵なものが出来るかも?


こういう合成基盤があれば
お遊び要素&リサイクルと言った
楽しみもあるんじゃないでしょうか


5・敵の面白味の無さ

ここが最大の問題点と
言ってもいいくらいの致命的な箇所!

PSUプレイヤーなら誰でもわかると思いますが
「冒険中に眠くなった事ってありません?」
私はプレイするたびに眠くてしかたありませんZzz

この眠くなる原因は何かというと

1・敵の攻撃パターンが単調
2・敵の攻撃をかわしきれない

(当たり判定が変?逃げてもムダ)
3・PAを連打するだけの戦闘
(ビヨンドザビヨンドですか?)
4・戦闘時に頭を使う要素が少ない

このあたりでしょうか?

PSOの頃でいうとゴリが出たら
右回り(左?)に攻撃しろとか
ウルフが出たら背中を見せるな!とか
遺跡でロケットパンチロボが出たら
後ろにまわって速攻で倒せ!とか

この敵はすっごく強いけど
こうすれば簡単に倒せる!
という様なゲーム的要素が
決定的に薄い!

結局は力のゴリ押しで通す!

そーじゃない!でしょ?

打撃系攻撃に弱いとか
斬撃系に弱いとか
魔法にはすっごく弱いとか
甲羅を銃で撃ってはがすとか
つめを破壊して攻撃を無力化
もしくは脚を撃って移動力を下げる
といった超個性付けを希望です!



6・突破系ミッションの面白みの無さ

草原とか坑道、オンマルートなど
面白いとこもあるのですが
敵の個性の無さも手伝ってか
どのMAPに行ってもやることが同じ
出てきた敵を一匹残らず殲滅して
ゴールを目指すだけ。

PSO時代はそれで良かったと思いますが
今の時代では一味足りないかもしれません。

そこで!ランダムで発生するアクシデント系
ミッションの追加はどうでしょうか?

たとえばミッション途中で通信が入り

「エンドラム機関の残党がその地区に
立て篭もっている事が判明した!
至急排除せよ!」

もしくは

「民間人が危険地帯に取り残されている!
いそいで救助に向かえ!」


とか

「すいません!取り逃がしたディ・ラガンが
そちらの地区に向かっています!
気をつけてください!!」


なんてのも熱いかも?

通信が入るタイミングとしては
ブロック2~3当たりが良いかも?
(そのミッションを狙って入り口で
出たり入ったりするのを防ぐため)

ストイックに黙々とレアを探して
潜り続けるのも良いのですが、こういった
ランダム的なお遊び要素があると
盛り上がるんじゃないでしょうか


7・適当な敵の配置

先日HIVEを探索してて思ったのですが
ストーリー的にも盛り上がる場所なのに
敵の配置がマッタクの適当!

「バランス的にココに
コイツを置けばいいんじゃない?」

バランス的には間違ってないかも
しれませんが、なんだかそれじゃー
味気なさ過ぎて愛を感じないデス

「その程度なら誰でもできます!」

上を目指すなら、配置しつつストーリー的な物も
匂わせるのがプロってもんです!

例えば部屋の真ん中に
SEEDファームプラント(だっけ?)
これを多数設置しておいて
カマキリみたいな敵を出せば

「あぁコノ敵はもとは人間だったのかも…」

っと想像できる楽しみが増えます!
それだけでいいんですよ!
唐突にカオスソーサラーが3体出るよりも
説得力があるし、何よりストーリーを大事にする
製作者サイドの愛も感じられます!
そんな温かみのある配置を希望です。
(坑道MAPのワニの巣っぽい
ところは好きですw)


8・爽快感の欠如

真・三国無双バリなアクション要素が
あるのに、爽快感があまりないのは
敵の出現数が少ないから・・・
と言うのは簡単ですがw
最大6人プレイも出来るのに、
敵をもっと出せ!と言うのは酷というもの!

なら、別の方向で爽快感をだすには
敵をザコ、中ザコ、大ザコと分けて

ザコ:3発ほど当てればすぐ倒せる弱さ

中ザコ:PAを2セットで倒せる堅さ

大ザコ:PA5セットほどの超堅さ


1区間にザコを
ウジャウジャと倒しては湧き、
倒しては湧きを繰り返せば
プレイヤーもストレスなく
一騎当千の爽快感を味わえるし

たまーに中ザコを3体ほど
出せばアクセントにもなる!

大ザコが出ればパーティの
みんなが協力しあって激破!

ランク的なバランスもあると思いますが
基本的にザコはザコらしくすぐ死んで
ウジャウジャでてきて欲しいかも?
(ブラ・ブナなど地中に潜っている間は
無敵系な敵は極力HPを減らして
くれるとストレスも減りますね)

あと地味に「100匹撃破!」とか
表示してくれるのも嬉しいですね^^
その時一緒にいるパートナーが
褒めてくれたりするとさらに
嬉しさUPですかね?

プレイした事に対して何かしらの
褒めがあると気持ちいいですよね^^
(無双系はその辺が優秀だね)



ふむー
とりあえずこんなとこかな?

なんだか偉そうな事を
書いてしまいましたが

私的にPSOにはかなーり
お世話になったので
(人生が変わったといってもいい)
せめてもの恩返しのつもりで
書き綴ってみました。

何かの参考になってくれると
ありがたいです。

| コメント (9)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »